導入事例案内

導入事例:IBMi + Java

IBM iにおいて、ミドルウェア等を使用せずにJavaで対話型処理を開発し、バッチ処理はRPG開発で対応。


弊社オリジナルのJavaフレームワークを利用した開発で、開発期間、コストを大幅に低減させた。

(OS / DB / 開発言語 : IBM i OS / IBM i DB2 / Java+RPG)

PowerSystem i(旧AS/400)で稼動する大規模Javaシステムの開発を実現
検定試験実施やそのための通信教育、教材販売等のすべてを管理するシステム(プログラム1,000本以上)として、販売管理、在庫管理、顧客管理等の全業務システムをカスタムメイドで再構築しました。
従来は汎用機で対応されておりました基幹業務でしたが、“ライフサイクルの長いシステム”、“維持費用が低額なシステム”、“安定性のあるシステム”を目的として、IBM PowerSystem i (旧AS/400)で稼動するJavaシステムとの構想が打ち出されました。また、コスト削減とシステム構造のシンプル化のために、ミドルウェア等は使用しないこととし、Windows系の各種ツールの採用も無かったことから、大規模にてメンテナンス性の高いシステムが完成し、何よりJavaプログラム開発の工程においては弊社オリジナルフレームワークを使用したことで開発期間の短縮とシステム標準化も実現されました。
Windows系のシステムで発生するクライアントOSのバージョン問題や、サーバー側のOSバージョン問題からも開放されて、システムの堅牢性とともに10年単位で使用できるライフサイクルの長い基幹システムを持つことができました。 メンテナンスに必要な製品スキルも限定されており、少人数で運用できるところもメリットと考えております。
【各種サーバー】 OS:IBM i OS、DB:IBM i DB2
【開発言語】 Java + RPG(バッチ系)

通常の画面処理(対話型処理)はJavaで開発し、バッチ型処理はパフォーマンスを追及してIBM PowerSystem i(旧AS/400)のRPGで開発。

導入事例:B2Bサイト

B2BのWeb受注システムを開発。得意先に受注を入力してもらう仕組みで社内の大幅な事務作業の削減とミスを削減。
別途に無線LANとタブレットPCによる相対売りシステムも開発。
何とか注文票の処理やその入力の手間を減らせないだろうか…?

従来は、各営業担当者が定番品や販売推奨商品を掲載した注文票をEXCELで作成して、FAXで各得意先に送付し、得意先側ではその注文票に注文したい商品の項目に数量だけを記載して、再度FAXで返信する方法を取っていた。
得意先からのFAX返信(受注)は、特に無人となる夜間に3台のFAX機で受けていたが、早朝に営業担当者が出社してくると、受信した注文票が散乱していたり、紙詰まりなどでエラーになっていたり、まずこの注文票の整理手間であった。さらには整理された注文票の入力のために、朝のアルバイトが3人以上必要であり、営業担当者までも入力作業に忙殺されていた。

Webによる受注システムでは、得意先ごとにIDとパスワードを設定することで、得意先ごとに異なる価格設定にも対応し、24時間注文の受付が可能となりました。システム的には従来の基幹システム(販売/在庫管理)と連動させるとともに、24時間運転に備えてシステムの2重化も実施しました。

とにかく、入力作業の大幅な軽減は、事務経費削減に効果絶大でした。
朝の入力作業がほとんど無くなったために、3人以上いたアルバイトが必要なくなり、事務員(入力要員)の早朝出勤も無くなりました。また従来はFAXの注文票を紛失したりして、得意先との注文確認に追われていましたが、このシステムのおかげで受注時の確認メールが得意先のバイヤーさんの携帯電話に自動で飛ばせるため、お互いのミスも激減しました。
何よりも、営業担当者自身が作成する商品画像、推奨コメント付きの受注画面がインターネットで公開されるようになり、各担当者の商品選別に対する真剣さ、売ろうとする熱意がシステムに込められるようになったと感じています。
【APサーバー】 OS:Red Hat Enterprise Linux
【DBサーバー】 OS:Red Hat Enterprise Linux, DB:MySQL
【開発言語】 Java

APL(アプリケーション)サーバー、DB(データベース)サーバーそれぞれを本番機とバックアップ機で2重化して障害時の対応を図っている。また各種マスターファイル、受注ファイル等については、基幹の販売管理システムとの同期が取れるようWAN内のファイル連携も実装している。

導入事例:Webシステム

数百名の営業マンによる営業日報作成をはじめ、従来からのCRM機能に加えて製品在庫状況等の照会も可能とした営業支援システムを開発。

営業活動、商談内容の登録とメール配信を行うWebシステムを開発。
Webブラウザを使用することで場所を選ばずに報告を行う事が可能。
パブリッククラウドで実施した場合のランニングコストの問題を解決した。
報告内容を簡潔に登録できるように
これまではメールでの報告だったので冗長な文章になりがちだったのを、システムの入力フォームを使用する事で統一されたフォーマットで簡潔な報告メールが配信されるようになった。

情報共有が容易にできるように
これまでは、報告情報がメールやエクセルなどバラバラに保存されていたが、システムで情報を登録して、データベースに情報を蓄積する事で情報の検索、参照を容易にできるようになった。

商談の進捗状況の把握を容易にできるように
商談の進捗状況を時系列で管理でき、また、その状況を共有する事で管理者や周囲のメンバーからのアドバイスを受けやすくなった。

顧客別の商談状況の分析を可能に
システムの入力フォームに従って報告を記述するだけで、分析用の指標もあわせて登録されるので、顧客別の商談状況の分析を統一された指標を使用して行う事ができるようになった。
これまでは、人それぞれの冗長なメールの文章を読んで状況の把握をしなければならなかったが、システムを導入する事で統一されたフォーマットで簡潔な報告がなされるようになった。
また、商談状況を一元管理できる事で、より迅速な対応が可能になり、営業効率の向上に繋がっている。
【各種サーバー】 OS:Linux, DB:MySQL
【開発言語】 Java
企画建設案件のプロジェクト管理システムを開発。

特にプロジェクト別の原価管理、利益管理にスポットをあてた機能を充実させて、工程進行中における利益予測を可能とした管理システムをオープンソース製品群で低コストに開発。
(OS / DB / 開発言語 : Linux / PostgreSQL / PHP)
現行業務システムが、社内1/4のMacユーザーに対応していない…

従来はWindowsベースのクライアントサーバー型システムを基幹システムとして利用しておりましたが、社内1/4のMacユーザーは、Windowsベースの業務システムをご利用できないという状況でした。

そこで、当社からはLinuxベースのオープン・ソースを活用したWebシステムをご提案いたしました。

懸案であったMacユーザーへの業務システムの開放だけではなく、一定期間設置される現場事務所でのご利用や、将来的にはモバイル環境にまで適合できるセキュリティの強化により、自宅あるいは出張先での業務処理が可能となり、その結果大幅なサービサビリティの向上が実現いたしました。
Webシステムにより、OS、バージョンを問わず、最新PC以外の若干古いタイプのPCでも利用できるようになり、経費削減に寄与しています。
また、事業の特殊性を踏まえながらも、会計基準、税法をはじめとする各法規制、会社諸規則等にも適法かつ正確に処理され、当社の関係会社である株式会社トッパン・マルチソフトのデータセンターでの運用管理により、安心感があります。
そして、今回の開発に対する満足度は、パートナーとして選定した株式会社ザ・ヘッドの愚直なまでの誠実さと、きめ細やかな対応により、極めて高いといえます。
【各種サーバー】 OS:Linux, DB:PostgreSQL
【開発言語】 PHP

導入事例:基幹システム

製品・材料などの受払データと全てのコストを元に全部原価計算、直接原価計算を行う。
月間40万件程度の仕訳データから取得し部門ごとに集約しそれらを、それぞれの原価計算ごとの配賦基準で原価部門へ配賦し、配賦結果を一部仕訳として作成し、主に損益計算書、製品別コストシートを作成する。
販売システム、購買システムの月次締め後に仕訳データから原価計算に必要な費用(主にP/L科目)を一旦発生部門別に集約する。それらを、物流量(製造、移動、販売)、労務費、その他経費、固定値などの配賦基準を元に原価部門へ必要を配賦しその結果を振替仕訳として作成する。
この時の配賦基準は、全部原価計算、直接原価計算ごとに設定しそれぞ原価計算を月間、四半期ごとに計6回に分けて実施、約10万件の原価計算結果を出力する。
その後各基準ごとの原価計算結果を元に、損益計算書、製品別コストシート等を出力する。

シミュレーション機能
この原価計算を他システムの締めを待たずにその時点の情報で原価計算を実施し、決算作業前に配賦基準、部門費などのチェックを事前に行えるシミュレーション機能を装備。

汎用機からオープン系システムへの移行
複雑化する原価計算方法への対応や処理速度向上に向け、汎用機からオープン系システムへの移行を行う。
処理速度の向上に伴い、今までは締め日を待たなければ出来なかった原価計算がシミュレーションと言う形で事前に実施できるようになり、各種予測、コストチェックが事前に処理できるようになり、月次締め後の決算が早期に実施出来るようになった。
【アプリケーション環境】 スマートクライアント
【APサーバー】 Windows Server 2008
【開発言語】 C#.NET, p/LSQL, SVF
【DBサーバー】 Oracle10g
量販店を主要取引先とした販売管理、物流管理システムをIBM iを利用した環境で開発。

従来より堅牢性、信頼性に定評のあるシステムとして、大量データ処理にも優れた全機能をRPGで開発。
機能不足で、現在のシステムに満足できない! また、稼動後のサポート体制も充実させたい…

将来のビジネス拡大を視野に入れ、業務を十二分にサポートできる基幹業務システムの再構築をご希望されました。
ご利用中の基幹システムは現行業務に対して機能的な不足があり、稼動後のサポート体制も不十分でした。
また、システム拡張性にも不安があり、このままではタイムリーな情報提供や業務の効率化を図ることが充分にできないとご判断されていました。

そこで、当社からは費用対効果を最大にあげるシステムを再構築し、企業発展に貢献する効率的なシステム運用体制をご提案いたしました。

既存の日本IBM社 iSeriesを活用し、受注~売上~回収のビジネスサイクルを精査した上で、業務課題を改善できるシステム基盤を再構築。 そのシステムを核として、周辺業務や関連システムとの連携性の調査を進め、各種EDI等の取引先とのオンライン処理、全国数ヶ所にある倉庫とのネットワークおよび関連システムや、経理システムへの自動仕訳、営業支援、売上・在庫分析といった情報系システムとの連動を実現いたしました。
さらに、将来的な企業戦略・全社システム化構想と日常運用におけるサポート内容をお客様とじっくり時間をかけて協議し、将来的な企業発展に貢献する質の高いシステム運用体制を確立。

お客様側ではIT面での戦略・システム化計画、概要設計、業務設計を中心とした全社的なビューによる業務支援を行い、当社側では、システム改修、運用サポートを担当するIT部門支援体制を確立。
現在も一部システムのハウジングサービスを請け負っております。

その結果、費用対効果を最大限にあげたシステム再構築、作業内容を分担させた効率的なシステム運用体制が実現いたしました。
IBM System iを従来から使用しておりましたので、その堅牢性、信頼性を生かした状態で基幹システムを再構築できたことは正解でした。
販売、在庫に関わる基本機能を今回構築いたしましたが、システム機能の追加開発、既存機能の改修を含めた保守・運用契約をザ・ヘッド社と締結したことで、固定予算のなかで柔軟な対応とシステムライフサイクルの長期化を図ることができるようになりました。
【各種サーバー】 OS:IBM i OS, DB:IBM i DB2
【開発言語】 RPG
自動化倉庫と連携した物流システム、他社経理パッケージと連動した販売管理を中心に顧客管理までを含めた全社統合システム開発。

レスポンス、情報統制・統治を重視して自社内サーバー運用による基幹システムを実現。
業務ごとに独立しているシステム機能、連携できたらいいのに…

Windows環境と旧来のオフコン環境が混在し、業務ごとにシステムが独立していました。
ユーザー資産である測量機器や計測器等の修理、検査、校正等を実施して保管、建設現場からのリクエストにより機器を送り出す、またはレンタルをするといった一連の業務内容を、それぞれ独立したシステムで構築・運用を行っていたためにデータ連携、システム運用の効率性に問題がありました。
また、10年以上に渡ってシステム改修やIT環境の変化に都度対応してきたため、Windows環境と旧来のオフコン環境が混在し、システム構成の見直しが必要でした。

そこで、一連の業務全体を処理する全社システムを、オープン環境で再構築することをご提案いたしました。

まず、全社システムの再構築にあたって、徹底した業務内容、業務フロー、現行課題の調査・分析を行いました。
そして、当初の目的であった測量機器等の管理業務の効率化だけではなく、営業・経理等、広範囲の再構築を図り、業務全体の効率化を徹底いたしました。
また、新システムの稼働環境としてオープン化をプランし、Microsoft社の.NETを採用しました。

その結果、データ連携や効率的なシステム運用が可能となり、顧客サービスの向上、機器受入後のトラブルの削減が実現しました。
さらに、顧客関連の情報管理、データ分析等の機能が充実したことで、強力な営業支援が可能になりました。
細部にわたる業務調査とそこに基づくシステム要件の洗い出し、非常に正確かつ緻密であったため、まさに“かゆいところに手が届く”理想とするシステム構築ができた。
今後はこのシステムから提供されるさまざまな情報を付加価値の高いものとしてユーザーに提供していきたい。
【各種サーバー】 OS:Microsoft Windows 2008 Server, DB:Microsoft SQL Server 2008
【開発言語】 VB.NET

システム環境として、Microsoft社の.NETを採用してクライアント/サーバー型のオープン環境でのシステム使用を実現。

各種案内