製品・ソリューション

HeadPro生産管理
課題と解決策
1.情報の共有化がされていない
●受注先毎の要望に沿う為に個別にデータ管理をしている(ACCESS、EXCELなどで管理)
●社内のデータが分散していて「データの相互参照が出来ない」「二重入力」等が発生している
2.正確な在庫情報が把握できていない
●タイムリーな納期回答ができない
●欠品が発生した時に,先を見通した的確な対応ができない
●急な受注に対して即時に出荷可能かの回答ができない
3.製造現場の進捗状況が把握できていない
●前作業との連携が悪く前作業の確認に不必要な時間を費やしている
●作業実績をタイムリーに入力していないため作業の進捗管理が遅れる
●外注先の進捗が把握できない為、納期を適切にコントロールできない
4.製造現場の例外発生対応に時間がかかる
●不良品発生時に材料のやりくりや作業計画のやり直しに手間取る
●購買品/外注品の納期遅れにより、次工程の作業計画のやり直しに手間取る
5.品質管理対応が充分にできていない
●万一欠陥が発生した場合、欠陥対象品の特定を人間系で行うと多くの時間と手間が掛かる
●ロット管理が行われていない場合、欠陥の範囲が特定できないため回収対象が広がってしまう