製品・ソリューション

HeadPro生産管理
機能詳細
主要機能
受注管理機能
受注情報の登録と維持管理を行います。
納期回答を可能にします。
各種検索条件による受注照会を行います。
受注データ、受注予測データの変更管理を行います。
納入先品番から生産用品番への置き換えを行います。
 
部品表の維持機能
販売用品番を最上位とする部品表の維持管理を行います。
構成品目の構成数および手番調整(単位:日)を維持します。
品番毎の調達LT(単位:日)と調達先を維持します。
購買品目に対しては、購買先別に購入単位を維持します。
購入単価に対しては、有効日・失効日管理機能を持たせます。
製造品目の一部に対しては、作業工程を維持します。
 
在庫推移監視機能
受注、構成品番の所要量を未来の必要日における払出と考えます。
発注(計画・発行済)、作業指示(計画・発行済)を未来の納入・完成日における受入と考えます。
以上の受払予定に対して、手持在庫から時系列に受払予定数を加減算する事により利用可能数を計算します。
利用可能数の計算は、受払予定・実績が変化した時に、即座に計算し直します。
結果として、受払予定に対する利用可能数を常に参照できる事になります。
利用可能数がマイナスの時は、欠品を意味します。
担当品目グループ、受払予定日の範囲を指定する事により、異常在庫推移の抽出を可能にします。
異常の解消をどのように行うかは、現場の状況を最も把握している実務担当者が決定します。
システムは、実務担当者の判断を助けるために、オーダと所要量(上位方向および下位方向)との関係を維持し、ナビゲートします。
対象品目が購買品目の場合は、購買先の発注状況を参照できます。
対象品目が製造品目の場合は、作業区の作業指示状況を参照できます。
オーダの統合・分割、数量変更、発行予定日・納期変更、購買先変更、作業区変更、オーダの確定を可能にします。
 
発注管理機能
所要量計算に基いた発注データ作成機能と手入力による発注データ作成機能を提供します。
発注書を印刷できるように致します。
発注書には、保管場所から決定される納入部門を表示致します。
 
作業実績収集機能
手書き記入された検査報告書を基に、実績収集を行います。(シフト終了後の実績収集を考えています。)
開始実績日時、完了実績日時については、当面、年月日までとし、時分の収集は行いません。
良品完成数、不良品数は、検査報告書から収集できるものと致します。
(良品完成数+不良品数)を基に、構成品目の在庫引落としを行います。
作業工程の全作業が完了したものに対して、親品目の在庫更新と作業指示の消し込みを行います。
製造原価管理に関連する機能は、オプションで追加可能です。
オプションで追加を行なった場合、構成品原価の積み上げを行います。
 
在庫管理機能
品目在庫照会
品番別・保管場所別の在庫管理を行います。
品番別在庫表、保管場所別在庫表をCSV出力致します。
計画外の入出庫および在庫調整を画面入力で可能に致します。
棚卸機能(保管場所別棚表の出力と実地棚卸数量の入力)を実装致します。