製品・ソリューション

HeadPro経費精算システム
機能詳細
交通費・旅費精算

自家用車など移動距離に応じて交通費を自動計算いたします。また、その際には自宅からの通勤、店舗間など業務による移動などを区別し、それに対応したガソリン単価で計算します。(自家用車、社用車、普通、軽、自働二輪)

摘要内容と勘定科目とが内部的に結びついているので、
登録者は科目コードを意識する必要はありません。
また、摘要は部門別に管理が行えるため、部門毎に必要なもののみ登録が行えます。
立替金請求

クライアントライセンス無料の強みを活かし、アルバイトやパートなどの全ての従業員による立替金申請管理が行えます(月単位)。これにより店舗での小口現金管理を廃止することも可能となります。

上長承認

店長による確認や、上長による決定(承認)、否認、差戻しが行えます。
否認、差戻しでは理由入力が必要となり、申請者と理由について共有が行えます。
上長はログイン時にポップにて部下の承認必要可否を件数で知ることができます。

経理確認

経理担当者は全ての精算データを参照することが出来ます。
経理担当者は上長承認されたデータについて再度、経理確認を行います。
精算データ作成時に金額や摘要などエラーの疑いのある情報は色分けして表示されるので、重点的にチェックが行えます。(エラーのみの絞り込み検索可能)

経理月次処理

経理担当者の権限により毎月の締め処理確定を行います。月次処理はキャンセルを行うことで、何度でも実行可能です。

振込案内が確定されてる対象月度の支払案内が確定されます。
仮払管理

月締め処理後に対象月度内で仮払申請のあった社員に対して、実際に使用した金額合計を入力します。
これにより支払額の調整を行います。(支払額=交通費合計−仮払金合計)

仕訳修正

経理担当者によって月次処理画面にて仕訳データの作成指示を行うと、経費精算データをもとに仕訳データが自動作成されます。作成されたデータは修正画面にて一覧形式で部門や科目の変更が行えます。