導入事例

ソリューション事例:HeadPro生産管理
事例その1:某自動車部品メーカー様の場合
オフコンで稼動していたシステムが経営環境の変化に対応できなくなり、各現場で業務機能を個別開発してきたため周辺システムが乱立してしまっている状態でした。

そのため、オープンな環境で経営環境の変化に柔軟に対応できるシステムが求められ開発しました。
第一ステップはメイン商品および関連の周辺システムを吸収した形でスタートし、その後、他商品のシステム化、販売管理システムの統合、輸出入システムの統合を行いました。
安定稼動後も外部企業への業務委託化等、様々な業務変化に対応してシステムを次々と進化させてお使いいただいています。
概要

組立製造業の生産管理としての基本的な機能をベースとし、お客様の多様なニーズに対応するためにACCESS等を使って対応されていた機能を吸収し、一元管理された生産情報を全員が共有して、経営判断、業務改善にお役に立てるシステム開発を目指しました。

未来の需要・供給を含む正確な在庫情報は、計画立案、調整作業等の管理業務の前提条件になります。
在庫に係わる品目の需給が変動する都度タイムリーに所要量計算処理が実行され、常に正確な在庫情報を確認可能となったので、製造現場の例外発生に対しても、より迅速な対応が可能となりました。

ネットワークを活用して他システムと有機的な連携により、顧客、購買先、業務委託企業などとの業務連携が可能となっています。

お客様の声

在庫推移検討画面だけをチェックしていれば、常に未来の在庫まで把握出来る為、担当者の発注判断が的確に行えるようになり、発注業務がとても改善されました。

いろいろな条件指定で関連する作業計画を一括に作成可能となっており、生産計画の作成が便利になりました。
また、以前は熟練した技術者の頭の中にあるノウハウや個人的な資料により、毎月膨大な工数を掛けて作成されていた日程計画が明確なルールで作成できるようになっただけでなく、ノウハウの継承が楽になりました。

新入社員への業務の説明が楽になり、短期間で使いこなすことができ、新人からも使い安いシステムと評価されています。

導入/稼働環境
HW
本番機 Windows Server 2008 R2 Enterprise
テスト機 Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition Service Pack 2
その他 ドメインサーバー、SVFサーバー
Client Windows XP
 
  SW
  MySQL Community Server (GPL) 5.5.9
  Java (TM) Platform SE 6 U23
  SVFX-Designer (Version1.0)
  Tomcat
  JavaWebStart
  SSL-VPN