導入事例

サービス事例:システム構築(IBMi+Java)
事例その1:通信教育・資格試験実施団体様の場合
IBM iにおいて、ミドルウェア等を使用せずにJavaで対話型処理を開発し、バッチ処理はRPG開発で対応。

弊社オリジナルのJavaフレームワークを利用した開発で、開発期間、コストを大幅に低減させた。
(OS / DB / 開発言語 : IBM i OS / IBM i DB2 / Java+RPG)
概要

IBM PowerSystem i(旧AS/400)で稼動する大規模Javaシステムの開発を実現

検定試験実施やそのための通信教育、教材販売等のすべてを管理するシステム(プログラム1,000本以上)として、販売管理、在庫管理、顧客管理等の全業務システムをカスタムメイドで再構築しました。
従来は汎用機で対応されておりました基幹業務でしたが、“ライフサイクルの長いシステム”、“維持費用が低額なシステム”、“安定性のあるシステム”を目的として、IBM PowerSystem i (旧AS/400)で稼動するJavaシステムとの構想が打ち出されました。また、コスト削減とシステム構造のシンプル化のために、ミドルウェア等は使用しないこととし、Windows系の各種ツールの採用も無かったことから、大規模にてメンテナンス性の高いシステムが完成し、何よりJavaプログラム開発の工程においては弊社オリジナルフレームワークを使用したことで開発期間の短縮とシステム標準化も実現されました。

お客様の声

Windows系のシステムで発生するクライアントOSのバージョン問題や、サーバー側のOSバージョン問題からも開放されて、システムの堅牢性とともに10年単位で使用できるライフサイクルの長い基幹システムを持つことができました。
メンテナンスに必要な製品スキルも限定されており、少人数で運用できるところもメリットと考えております。

システム構成/環境
各種サーバー OS…IBM i OS
DB…IBM i DB2
開発言語 Java + RPG (バッチ系)
 
通常の画面処理(対話型処理)はJavaで開発し、バッチ型処理はパフォーマンスを追及してIBM PowerSystem i(旧AS/400)のRPGで開発。